TOPへ戻る  >  個人輸入代行について

個人輸入代行について

ミノキシジル製剤を買うなら個人輸入代行を利用してみよう

2008年の10月29日から、ミノキシジルの含有率が1%を超える育毛製剤は劇薬と認定されて個人で輸入出来る量が制限されるようになりました。

細かい規定は色々あるのですが、「ロゲイン」の4本セットなら4ヶ月とされ、1本ずつでしか購入出来なくなってしまったのですね。

さらに2009年の薬事法の改正で、育毛剤、発毛剤は最も副作用のリスクが高い一般用医薬品が属する第一類医薬品に分類され、通販での購入が出来なくなりました。

つまり育毛剤を買いたいと思った場合は、かならず薬局、ドラッグストアにいって薬剤師から説明を受けないと購入できなくなってしまったのです。

これはいろんな弊害がある法改正でありますし、反対の声がかなり集まったにもかかわらず省令は施行されました。

もっとも、国が国民の安全を考えて決めたことを、覆すのはそう簡単なことではありません。

こうした環境下で、ロゲインなどのミノキシジル5%製剤を購入する場合、最も便利で安心な方法は個人輸入代行を利用するというものです。1ヵ月にミノキシジル製剤を購入できる量は、省令通りに制限はされるものの、輸入代行業者を使えば、いわゆるネット通販ではない形式で、ミノキシジル製剤を購入出来ます。

輸入代行の流れは、消費者が、輸入代行業者に希望する商品の輸入を依頼し、消費者は、輸入代行業者の手数料が上乗せされた価格を支払います。

そして、輸入代行業者は、預かった代金等をとりまとめ、商品送付先等リスト(消費者の氏名、現住所等)とともに、外国の販売業者に送付します。

そして外国の販売業者は、消費者に対し、直接商品を送付します。そして「商品の輸入を依頼する」部分はオンライン上で行われますので、消費者としては通販と同じ感覚で、輸入代行サービスを受けることができます。

ミノキシジル製剤をはじめとする海外の薬の購入依頼を受けてくれる輸入代行の数はかなり増えてきていますが、人気がある代表的な輸入代行をひとつあげるとすれば「アイドラッグストアー」をあげる人が多いのではないでしょうか。

商品ごとに、ユーザーのレビューが載っているので、購入を決める上での参考にもなりますし、サイト内もとても見やすく検索もしやすいですね。そして何と言っても取り扱いアイテム数が非常に多く、価格も安いです。

普通の通販と何ら変わりなく利用出来ますので、輸入代行を使うのがはじめての方でも問題なく利用出来るのではないでしょうか。

関連記事

リンク集

サイトMENU

Copyright (C) 2017 ミノキシジル情報局 【育毛剤の効果・副作用など】. All Rights Reserved.