TOPへ戻る  >  プロペシア

プロペシア

ミノキシジルと併用することでより高い育毛効果が!「プロペシア」とは

アメリカ食品医薬品局(FDA)から正式に認可を受けている育毛剤は世界でたったふたつしかありません。そのひとつが外用薬のミノキシジルで、もうひとつが「プロペシア」です。

プロペシアとは、AGA(男性型脱毛症)の進行を抑制するための内服薬で、国内でも2005年に万有製薬から発売されるようになり、皮膚科でAGA治療を行う際にもこのプロペシアが処方されています。またプロペシアを入手する場合は医師の処方が必要になります。

ミノキシジルと共通しているのは、プロペシアも本来育毛剤として開発された薬ではないという点で、もともとは前立腺肥大や前立腺がんの治療薬として開発されたのがプロペシアのはじまりです。

そして、前立腺肥大や前立腺がんの治療薬として使用を続けてみたところ、発毛効果が見られたことから、製薬会社メルク社により経口育毛剤として開発されたのが現在のプロペシアです。

ミノキシジルとプロペシアの育毛剤としての大きな違いは、簡単に言うと、ミノキシジルが育毛・発毛を促すものだとすると、プロペシアは脱毛を抑制する育毛剤だと言えるでしょう。

男性脱毛の原因となる物質はDHT(ジヒドロテストステロン)というものですが、この脱毛因子であるDHTは、男性ホルモンのテストステロンが、5αリダクターゼという変換酵素によって変換されたものなのです。

プロペシアの成分であるフィナステリドは、脱毛の原因である変換酵素5αリダクターゼを抑制する働きがあります。

ミノキシジルもプロペシアも単体で使用しても、育毛効果を発揮しますが、併用することで、双方の長所・短所を補い合うことになり、より高い相乗効果が期待できます。

より確実な育毛を考えるなら、医師の診断のもとプロペシアを処方してもらい、ミノキシジルと合わせて使ってみると良いのではないでしょうか。

関連記事

リンク集

サイトMENU

Copyright (C) 2017 ミノキシジル情報局 【育毛剤の効果・副作用など】. All Rights Reserved.