TOPへ戻る  >  ミノキシジルとは

ミノキシジルとは

育毛剤として使われている「ミノキシジル」とは

「ミノキシジル」は、もともと血管拡張剤として高血圧治療に用いられる経口薬でした。しかし、このミノキシジルを使ってみると、副作用として多毛症が多く見られることから、ミノキシジルを用いて、育毛剤用途の研究開発が進められることになりました。

その後、ミノキシジルはアメリカFDAから正式に育毛剤として認可をされます。

育毛剤としてはじめて販売されたミノキシジル外溶液は、1980年代にアップジョン社(現在のファイザー)から発売された「ロゲイン」です。

日本ではミノキシジルの販売権を大正製薬が得て、ミノキシジル成分が1%が含有された育毛剤「リアップ」が1999年に発売されました。また2004年には、女性用の「リアップレディ」も発売されています。

当初はかなり上々の売れ行きを示した「リアップ」ですが、現在はミノキシジルの含有量が多い輸入育毛剤に圧されて、「リアップ」自体の売り上げは最盛期からみると落ち着いたものになっています。

ただし、これはミノキシジル自体のニーズが落ちたことを意味するものではなく、ミノキシジル含有量の高い輸入品育毛剤や、クリニックで受けられる育毛ケア(ミノキシジル注射など)で使われているミノキシジルなども含めて考えると、ミノキシジルの人気が根強く継続していることが分かります。

2008年からミノキシジルの含有量が1%を超えるものは劇薬として、個人輸入出来る量は1ヶ月分と制限されてしまいましたが、アメリカFDA認可の5%ミノキシジル製剤の利用者は非常に多く、1回の購入量は制限される不便さはあるものの、個人輸入代行を通じて購入されています。

なお、ミノキシジル5%含有の大正製薬「リアップX5」は劇薬から除外されているようです。

関連記事

リンク集

サイトMENU

Copyright (C) 2017 ミノキシジル情報局 【育毛剤の効果・副作用など】. All Rights Reserved.