TOPへ戻る  >  パラベン配合の化粧品は買わない

パラベン配合の化粧品は買わない

"化粧品に入っている成分は必ず確認してから購入しています。化粧品に肌に悪い成分が入っていると、肌をきれいにしようと化粧品をつけているのに逆効果になってしまいます。

パラベンが入っている化粧品は絶対に買いません。
パラベンは防腐剤として多くの化粧品に使われています。最近では、敏感肌の方が増えてきていることなどからパラベン不使用の製品が出回ってきています。

パラベンは防腐作用があることから肌の細菌を殺してしまいます。
肌に住み着いている菌は悪い菌だけではありません。皮脂を分解して皮脂膜を作り乾燥を防いだり、肌に悪影響を与える菌が繁殖しないようにしてくれているのです。
パラベン配合の化粧品を使うと、このような働きをしている菌が少なくなって、悪玉菌が繁殖しやすくなり肌トラブルを招きます。

パラベンは肌のバリア機能を壊してしまいます。バリア機能は肌内部の水分蒸発を防ぐ働きや外部の刺激から守っています。バリア機能が壊れることで水分が蒸発して乾燥肌になり、外部の刺激に敏感になってしまいます。

パラベンは肌によくないので、化粧品の成分には気をつけています。"

関連記事

リンク集

サイトMENU

Copyright (C) 2017 ミノキシジル情報局 【育毛剤の効果・副作用など】. All Rights Reserved.